一気に億万長者!相続した家から金がみつかり、4億円を手にしたフランス人の男性

家屋に隠されていた金の硬貨や延べ棒を合せると100キロにもおよぶという

フランス北部のルーアンという街で、親族から相続した家の家屋の中から4億円相当の金塊が出てきたという。

金の硬貨や延べ棒

家屋の中に隠されていた金の硬貨や延べ棒など全てあわせると100キロにものぼる金を、家を相続した男性が手に入れたらしい。
これはまさに”棚からぼたもち”の状態。男性は親族やご先祖に感謝せざるをえない。

この報道を、地元競売商のニコラ・フィエルフォール(Nicolas Fierfort)氏がAFPに対し事実と認めた。新たな家主が売りに出した家具の鑑定依頼を受けていたというフィエルフォール氏は、「金貨が5000枚、12キロの金の延べ棒が2本、1キロの延べ棒が37個あった」と明かした。

 同氏によると、これらの金は「極めて巧妙に隠されて」おり、「家具の下、リネン類の下、浴室の中…至る所にあった」という。

 新家主の身元や、前のオーナーとの関係などは公表されていない。男性がお宝に気付いたのは、家具を動かし始めた時だったという。最初に見つかったのは、家具の底部にねじで固定されていたブリキの箱で、中には硬貨が入っていた。それから箱やウイスキー瓶などの隠し場所が次々に見つかり、ついには積み重ねられた重さ12キロの金の延べ棒が出てきた。発見された金は、すでに国内外の買い手に売却されたという。

 しかしラデペシュ紙は、本当の棚ぼたを得たのは、お宝を発見した男性よりも税務当局かもしれないと指摘している。男性は45%の相続税に加え、亡くなった親族が金所有の申告を怠っていた場合は、3年前までさかのぼって税を納めなければならないという。(c)AFP

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)