金の硬貨や延べ棒

相続した家から金塊100キロ、約4億円の価値(フランス北部)

一気に億万長者!相続した家から金がみつかり、4億円を手にしたフランス人の男性 家屋に隠されていた金の硬貨や延べ棒を合せると100キロにもおよぶという フランス北部のルーアンという街で、親族から相続した家の家屋の中から4億円相当の金塊が出てきたという。 家屋の中に隠されていた金の硬貨や延べ棒など全てあわせると100キロにものぼる金を、家を相続した男性が手に入れたらしい。 これはまさに"棚からぼたもち"の状...